変形性膝関節症119番へようこそ

変形性膝関節症119番をご覧いただきありがとうございます。当サイトをご覧頂いているということは、今現在、変形性膝関節症の辛い症状でお悩みだと思います。

一般的に変形性膝関節症を改善する方法として、薬や手術、ブロック注射、整体、マッサージ、鍼灸治療などが挙げられると思いますが、残念なことに今お伝えした方法では、変形性膝関節症が改善されることは難しいと思います。

ですからあなたも、変形性膝関節症を改善する方法を模索し、当サイトに辿りついたことだと思います。あなた自身のためかもしれません。もしくは、お母様やお父様のために、娘さんや息子さんが一生懸命、情報収集しているかもしれません。

当サイトは、ご自身の症状を改善するために利用される方が多いですが、それ以上にお母様やお父様をなんとかして助けてあげたいという、ご家族の方が利用されることが多いサイトでもあります。

もしかしたら、あなたもお母様やお父様のために、当サイトをご覧頂いているかもしれません。ですが、もう安心してください。当サイトで紹介している治療法は、今までに延べ50万人以上の方が変形性膝関節症を短期間で改善した治療法です。

ですのできっと、あなたのお悩みやご家族の方のお悩みも解決出来るはずです。まずはこのままページを読み進めてみてください。変形性膝関節症の正しい治し方を詳しくお伝えしております。

当サイトをご利用いただき、あなたやご家族の方の変形性膝関節症が1日も早く良くなることを、スタッフ一同心より願っております。


変形性膝関節症の正しい治し方


変形性膝関節症とは高齢者に多くみられる膝の病気で、1200万人の患者がいると言われています。また、予備軍の患者を含めると、日本だけで3000万人もいると言われており、日本人の4人に1人が変形性膝関節症の疑いがあると言われています。

変形性膝関節症を発症する主な原因は3つです。

1、ひざ関節を支えている筋肉や腱の衰え
2、加齢による体重の増加
3、長年の膝への負担による老化現象

ほとんどの方は、この2~3つの要因が重なることにより、変形性膝関節症を発症しています。主に世間一般で行われている、変形性膝関節症の治療としては以下のものが挙げられます。

「薬を処方する」
「痛みがある部分に電気を当てる」
「マッサージをする」
「サポータなどで固定する」
「症状が酷くなったら手術をする」

しかし、変形性膝関節症を改善させるのはこれだけでは不十分です。

変形性膝関節症を抱えているほとんどの人の問題は、ひざ関節を支えている筋肉や腱が弱くなることにより、その周囲の靭帯が弛み、関節と関節の間隔を正しい位置に保てなくなることが原因で痛みを発生しています。

一時的に痛みを取りたいのであれば、今まで受けてきたような、マッサージや温熱療法でも間違いではありません。

しかし、変形性膝関節症の根本原因である、関節の間隔を整えるとともに、ひざ関節を支えている筋肉や腱を鍛えないことには、すぐに痛みが再発してしまうのです。

何故、腿の筋肉が衰えると膝の痛みを発症するのか?


ひざというのは人間の体でショックアブソーバーの役割をしているとても大事な機関です。ひざの悩みは高齢者にとても多いですが、ひざ関節を支えている筋肉が弱れば年齢に関係なく痛みを発症します。

ひざ関節を支えている、筋肉や腱が衰えると靭帯が弛み、関節と関節の隙間が狭くなります。そうなると半月板が磨耗をして痛みを発症します。

良く、ひざに水が溜まるということがありますが、これは半月板を守るために起こる体の防御反応です。水が溜まったからといって、整形外科などではすぐ抜いてしまいますが、これは大きな間違いです。

半月板を守ろうと体が必死に水を出しているのに、それを抜いてしまうということは、さらに症状を悪化させているに過ぎません。

特に、高齢者に変形性膝関節症が多い原因は、ひざ関節を支えている筋力が弱る、体重が増える、長年のひざへの負担で半月板がすでに老化、そして、ひざ関節が正しい位置に保てなくなり半月板が更に磨耗する。

年齢を重ねるとこの3つが同時に起こりやすくなるために、ひざの痛みで悩まれる高齢者がとても多いのです。

変形性膝関節症を解消させるには、関節を支えている筋肉や腱を鍛え、関節の位置をいつも正しく保てるようにすることがとても大事です。

関節を正しい位置に保つことが出来れば、水も溜まることもありませんし、大きな変形を起こすこともありません。

「上からの衝撃」と「下からの衝撃」


変形性膝関節症の原因として、ひざ関節を支えている筋肉や腱が弱ると、関節が正しい位置に保てなくなり、半月板が摩耗して痛みを発症するとお伝えしました。

先ほど、変形性膝関節症の原因は主に3つあるとお伝えしました。

1、ひざ関節を支えている筋肉や腱の衰え
2、加齢による体重の増加
3、長年の膝への負担による老化現象

では何故、長年ひざを使い続けると痛みが発症するのか?そのお話をしていきたいと思います。人は常に「自分の体重」、「重力」、そして、「地面からの衝撃」をひざで受けとめています。

ひざの痛みのもう一つの大きな原因は、長期間ひざに負担をかける「上からの衝撃」と「下からの衝撃」です。

「上からの衝撃」とは、自分の体重と重力の影響を長年ひざで支え続けます。このとき、上からかかるストレスを指します。

「下からの衝撃」とは、地面からの衝撃です。アスファルトで舗装した道路では土の上を歩くのに比べ3倍の衝撃を膝は負担しています。また、スポーツなどで走ったり、ジャンプしたりするとさらに大きな負担を膝にかけることになります。

1回、1回の衝撃はたいしたことはありませんが、この上下の衝撃を長年繰り返していると蓄積されたストレスとなり、痛みを発症します。では、どのようにしてこの痛みを解消していくのか。

ひざ関節を正しい位置に戻してやる簡単な原理


ひざ関節を支えている筋肉や腱が弱ると、大腿骨と脛骨の隙間が狭くなり、上からの衝撃と下からの衝撃により、クッションの役割をしている軟骨がすり減り痛みを発症します。この大腿骨と脛骨の隙間が数ミリ単位で広がるだけでも痛みを軽くすることは可能です。


これはミクロの世界の話で、ほんの数ミクロでも正しい関節の位置に戻すことが出来れば一瞬で楽になります。そして、膝関節を正しい位置に戻すには、ストレッチがとても有効です。

当サイトでお薦めしているストレッチは「中川式ストレッチ」です。中川式ストレッチはスポーツトレーナーである、中川卓爾先生が開発された独自のストレッチ法です。

中川先生は阪神タイガースのトレーニングコーチを6年間務め、また、日本女子プロゴルフトレーナー協会にも25年間務められた、スポーツトレーナーのプロ中のプロです。

また、中川先生のストレッチを実践して、怪我や故障を治した、プロスポーツ選手は多く、元巨人軍の槙原投手、元阪神タイガースの掛布選手、真弓選手、江夏選手、田淵選手。

また、プロゴルファーであれば、ジャンボ尾崎選手、デビット伊藤選手、宮里藍選手など、著名なスポーツ選手が怪我や故障を治したり、体のコンディションを整えるため、中川式ストレッチを実践されています。

中川式ストレッチは、

1、ひざ関節を正しい位置に矯正する
2、ひざ関節を支えている筋肉を適切に強化する
3、神経の通り道を正しい位置に戻し血行を良くする

中川式ストレッチを実践すると、ひざ関節が正しい位置に矯正され、それと同時に自然と筋肉や腱が強化されていきますので、根本から変形性膝関節症が解消されるだけでなく、変形性膝関節症を再発しづらい体に変わっていきます。

これが変形性膝関節症を根本から治す方法です。痛みを根本から解消してきますので、再発する恐怖もなくなっていきます。

もうあなたは、階段の上り下りが出来なかったことや、正座が出来なかったこと、膝の痛みで夜眠れなかったこと、立ち上がるのが辛いなどの不便から解消されるはずです。

また、中川式ストレッチは、広いスペースなど必要なく、畳一枚分のスペースがあればどこでも実践することが出来ます。また、道具なども必要なく、使うのはあなたの体だけです。ですので、ご自宅でも実践出来ますし、お出掛けになった場所でもどこでも、実践可能です。

また、中川式ストレッチは子供から大人まで、誰でも簡単に行えるように分かりやすく作られていますから、あなたにもきっと出来るはずです。

そして、1日15分、DVDから流れてくる映像を観ながら、簡単なストレッチをしっかりと実践していただければ、あなたのその辛い変形性膝関節症が、30日後にはすっきりと解消されているはずです。

また、一人で実践することが不安だという方のために、中川式ストレッチには、中川卓爾先生の無料電話相談、メール相談が付いています。こちらの電話相談、メール相談はあなたの症状が治るまで、何回でも利用出来ます。

今まで中川式ストレッチでは、車椅子生活をしていた方、歩行困難な方など、重症な変形性膝関節症患者さんも含めて、延べ50万人以上を改善させてきています。

もし、あなたの変形性膝関節症がどこに行っても改善されないのであれば、ぜひ一度、この中川式ストレッチを実践することをお薦めしたいと思います。


新着情報
What's New

2015年09月02日
ニュース/トッピクス
2015年09月02日
新着情報バックナンバー
2015年05月15日
お薦めサイトご紹介
2015年04月20日
無料レポート
2015年04月11日
運動療法について

ニュース/トッピクス
News/Topix

2015年02月03日
グルコサミンでは変形性膝関節症の改善、予防効果なし!
変形性膝関節症の治療法はこちら