TOP > 変形性膝関節症

変形性膝関節症

変形性膝関節症の人は階段の上り下りに注意


人間の膝にかかる負担は、日常生活で大きく出ることがあります。例えば走ることで通常の10倍の負担が出るように、日常生活では多くの負担が膝に来ています。そして、その中で階段の上り下りに注意しておいてください。人によっては階段を上り下りしない生活をしている人がいるでしょうが、基本的に生活をする上では階段の上り下りがあると思います。

会社などでも最低でも2階に上り下りすることが在ります。家でも階段がある場合が在るでしょう。故にほとんどの人が一日に階段の上り下りをしています。その階段の上り下りは、かなり膝に負担をかけていることだと思います。階段の上り下りで出てくる負担は、通常の7倍になっています。流石に走る時の負担に比べると少ない方ですが、わりと高い数値になるので注意しないといけません。下手をすると階段の上り下りで変形性膝関節症になることもあります。

上記のように階段の上り下りが膝には負担になっています。しかし階段は、良い運動になります。コツやポイントをしっかりと掴んで運動に階段を取り入れることで、変形性膝関節症に強い体になることができます。そして、そのポイントやコツは以下のようになっています。基本的に、ゆっくりと進むようにしてください。早く行こうとすると膝への負担を大きくするので注意しましょう。

この時にどちらの足を先に出すかに注意してください。上る時は痛みを出していない方を先に出すこと、下りる時は痛みがある方を先に出すようにしましょう。これで、膝への負担が多少減ります。何回も上り下りを繰り返すことで、足腰を鍛えることができます。ただし、無理の無いように運動をしていくようにしてください。このように階段は、膝への負担が増えるところです。しかし、上手く使うことで、その負担を筋肉の強化に使うことが出来るので、よく考えて利用するようにしてください。