TOP > 変形性膝関節症 > 理学療法

理学療法について


変形性膝関節症の治療方法には、大きく分けて「手術」や「保存療法」、などの選択肢があります。多くの場合、保存療法が主に行われますが、ここでは理学療法についてご説明していきたいと思います。

ですが、目に見えて症状が進行している場合だったり、症状の改善が見られない場合などでは手術を薦められることが多いです。しかし、変形性膝関節症の手術はリスクと同時に再発の恐れがあるため、あまりお薦め出来る手段とは言えません。

変形性膝関節症の手術をした約9割の方が、半年以内に何かしらの不具合や痛みを再発させてしまっているデーターがありますので、出来るだけ手術はせずに、変形性膝関節症を改善させていくことを目指して欲しいと思います。

手術をせずに変形性膝関節症を改善するなら、特に太もも(ハムストリングス)の筋肉を鍛えることが重要とされています。理学療法では運動も行われますが、太ももに筋力がつくと、それによって膝の動きを制御出来るようになるからです。

また、筋力をつけることによって、再発防止や予防などにも大いに効果があります。また、膝関節への負担を減らすこととなり、軟骨が傷つくのを防ぐことが可能になるのです。

また、膝を適度に動かしてることで、関節液の循環を促す効果もあります。そのため、軟骨に栄養が行き渡りやすくなり、ある程度であれば自然治癒も期待できます。

よく、膝に水が溜まってしまうという方がいますが、そのような方は膝周りの筋力がないため、膝を動かす可動範囲が狭くなってしまい、関節液の循環が上手くいきません。

また、筋力がないと靭帯が弛んできてしまい、膝関節を正しい位置に保つことが出来なくなります。関節を正しい位置に保つことが出来なくなると、体は危険信号を出し、膝に水を溜めるのです。

そして、水が溜まるとすぐに抜いてしまう方がいますが、水は抜けば抜くほど、症状が悪化していきます。水を抜くことが正しいと思っている方が非常に多いように感じますが、水を抜けば、抜くほどに症状が悪化してしまうことを知って頂ければと思います。

また、今までお伝えした治療法は、継続して行われることが前提であるため、途中で止めてしまうことのないように注意が必要です。少し症状が改善したからと言って、多くの方は油断をしてしまいます。

この油断が大敵で、少しでも甘く考えているとすぐに痛みが再発してしまうことがあります。やはり、変形性膝関節症を根本から改善するには、筋力をつけ、継続的にストレッチや運動などをしていくことがもっとも大切になってくるかと思います。

変形性膝関節症の治療はこちらから