TOP > その他関連情報1

その他関連情報1


変形性膝関節症を水泳で改善していく


変形性膝関節症を治すのに良いとされているのが、浮力を利用して体を動かすことです。そしてその中でも水泳が特に良いとされているので実践することをお薦め致します。水泳は、体を水面に浮かせて泳ぐ運動です。このような状態であれば、膝に体の負担をかけることなく運動をすることができます。特に膝の病気である変形性膝関節症にとっては良い運動になります。

水中にいることで、浮力で体が浮きます。そうなると膝への負担が減ります。そして、その代わりに自らの圧力が少なからず存在しているのです。その中を移動することで、圧力を体に受けることが出来るようになります。水泳は水への圧力を感じながら膝などを動かして泳ぐ必要があります。その時の負担は先程説明したように、ほぼありません。そして、負担が無いことで痛みを出すことが少なくなりますので、とても良い治療方法となっています。

ですので、変形性膝関節症を発症した場合、水泳をすることで良い治療をすることができます。ちなみに、膝の強化だけなら水辺の近くで座りバタ足をするだけでも、相当な筋肉を作ることが出来るのでやってみてください。また、お風呂でも出来る場合があります。ただ、広さなどをしっかりと考えてやってください。水泳をする場合、バタ足を大きくすることで良い効果を出します。

上記で説明したように水中は圧力があります。バタ足を大きくすることで、その分の圧力が大きくなりますのでとても大きな運動にすることができます。ただし、疲れも大きくなりますので特に高齢者で高血圧の治療をしている方は注意してください。このように変形性膝関節症に水泳はとても良い運動です。よく考えて水泳をすることで、変形性膝関節症に苦しまないで治療をすることが出来るのでオススメの治療の一つです。