TOP > その他関連情報1 > O脚について

O脚について


あなたは日本人の約8割がO脚であると言われていることをご存知でしょうか、O脚とは左右両方の膝の皿を正面に向けて立った時に、両方のくるぶしを付けると両方の膝が開いてしまう状態を言います。

実は成人においてこのO脚がある場合は、変形性膝関節症や腰痛の原因になってしまうとされています。ここで特に変形性膝関節症について詳しく言及を行っていきます。

変形性膝関節症は多くの膝痛の原因となっている病気の一つで、膝関節において衝撃を吸収するクッションの働きをしている軟骨がすり減って変形してしまうことで痛みを生じます。

また、多くの場合で膝に水が溜まるという現象が確認出来ます。特に中高年においてこの病気に悩んでいる方が多くなっています。この変形性膝関節症を引き起こす要因に生活習慣の動作の繰り返しが挙げられ、そこでO脚が問題となってくるのです。

O脚の症状を持っていると身体を支える足元が不安定になってしまい膝関節に余計な負担をかけてしまいます。関節に対して平均的に荷重を分散することが出来ずに、偏った分布で荷重を負担することにより膝の内側がすり減りやすくなってしまっているといった現象が起きます。

このように重心が膝の内側に偏った状態が続くことにより、内側の骨に負担が集中することになり変形が生じるのです。そうして変形性膝関節症へと繋がります。

また、逆に変形性膝関節症が進行することでO脚の症状が現れることもあります。それほど両者には深い関係性があります。

O脚が女性に多いのに伴い変形性膝関節症も同じ傾向が見られます。これは女性の関節が比較的柔らかく足からの衝撃を受けやすいことが原因しています。

また、膝を支える役割の太腿の筋力をとっても比較的弱いと言え、同じく上記の病気のリスクを高めています。普段の生活から気を付けることが大切です。

変形性膝関節症の治療はこちらから