TOP > その他関連情報1 > gradeについて

gradeについて


座った状態から立ち上がる動作や、階段などの段差の昇り降りの際に膝に激しい痛みを感じることがある方がいると思いますが、これは膝においてクッションの役割をしている軟骨がすり減ってしまうことで発症する“変形性膝関節症”の初期の症状の可能性があります。

特徴として比較的筋力の弱い女性で、さらに高齢なほど起こりやすい病気です。この変形性膝関節症はその病状の段階によってgrade分類をされていて、この基準により病気の進度を判定しています。では具体的な分類の内容について挙げてみましょう。

grade自体は1~5までありますが、正常で健康な状態をgrade0とする場合もあります。さて、まずgrade1ですがこの段階の特徴は骨硬化像や骨棘、骨嚢胞の形成とされています。

grade2が関節裂隙の狭小化(3mm以下)、grade3が関節裂隙の閉鎖や亜脱臼、grade4が負荷を受ける面の磨耗や欠損(5mm以下)、そして最後のgrade5が負荷を受ける面の磨耗や欠損(5mm以上)となっています。

gradeに関する説明を記述しましたが、ここまでの分類の基準に関してはどうしても専門的な医学的名称が出てきており少々わかりづらいと思います。

そこで段階ごとに症状例を簡単に表すと、grade1や2では初期症状ということでふとした際に膝部分に痛みを感じます。ただその症状は軽く休息をとることで多くは改善を見せます。

Grade3や4になると痛みが直ぐには改善されず膝の曲げ伸ばしに障害が発生し、階段の昇降などの動作が辛く感じます。炎症や腫れ、むくみも見られるでしょう。

そしてgrade5になると日常生活が困難になり外出や運動などのほんの動作にも激しい痛みが生じるので活動範囲が著しく縮小してしまう可能性があります。正し、これらはあくまで例なのでgradeが必ずしも症状の酷さに直結するとは限らないので注意です。

変形性膝関節症の治療はこちらから