TOP > その他関連情報1 > 足底板の選び方

足底板の選び方


あなたは足底板というものをご存知でしょうか。これは文字取り足の底につける板でつまりは中敷きです。

この足底板は、長年の労働や老化、また肥満などが原因となって、膝で衝撃を吸収する役割を担っている軟骨がすり減ってしまい、膝に負担がかかる動作をすると痛みを感じることや腫れる、水が溜まるといった症状が起こる変形性膝関節症などの保存的治療において用いられる補装具です。

この足底板を利用した治療法の利点は第一にとても簡単に処方が出来るということです。また、足底板は患者の症状により様々な種類のものが利用されています。代表的なのが外側楔状足底板で足の外側が高くなっている形状をしています。

例としてこのような外側楔状足底板を使用することによって、膝の内側にかかる負担を減らすことが出来ます。つまりは足部を装具によりコントロールすることで足部を安定させ、膝にかかる荷重が関節や筋肉に与える影響を調節することが出来るのです。

また、利点としては足底板による矯正により患者が無意識に正しい身体の使い方を学習できることが挙げられます。理学療法士の意図や指示が上手く伝わらない高齢者の場合でも効率的に治療をすることが出来ます。

足底板の使用法としては先程も既述したように、中敷きとして靴に取り付けるだけの簡単なものです。注意点として一般的な中敷きより大きくなってしまうので、靴は踵が低く大きめのものを選ぶことが必要です。

原則として朝起きた時から夜に眠るまで、つまりは一日中つけることになります。要するに歩く際には膝に負荷がかかりますからその間は常につけなければならないのです。

初めは慣れずに足の裏などに痛みを感じることもあるかもしれませんので、徐々に慣らして行くのが良いでしょう。時間をかけて慣れたきましたら一日中使用するようにして下さい。

変形性膝関節症の治療はこちらから