TOP > その他関連情報1 > OAについて

OAについて


私たちが暮らす日本は一般的に言われておりますように高齢化社会を迎えています。その中で加齢により発生する疾患の割合というものが当然大きくなってきており、中でも関節に関する病気が増えています。

現在、整形外科において最も多くの外来患者が訪れるのが変形性関節症による症状についてです。この変形性関節症はosteoarthritisと表現をされるために、通称OAと呼ばれています。

このOAの中でも特に多くの患者が見られるのが変形性膝関節症でいわゆる膝OAです。この膝OAは慢性的な膝の痛みをその症状に持ち、進行性の病気であるので進行を続け症状が重くなっていけば歩行時においても膝に痛みを感じるようになり、日常生活が制限されてしまう可能性があります。

治療法としては一般的には保存的な治療を行い様子をみつつ痛みを軽減するような手法が選択されますが、そのような方法で中々治療効果が挙げられない場合、またかなりの重い症状となってしまった場合には手術治療を行います。

ここでこの膝OAが発生する原因について言及を進めていきます。まずこの膝OAの発症工程として大きく2種類に分けられそれぞれ1次性のもの、2次性のものとされています。

1次性の膝OAとはその原因が詳細には明らかではなく、考えられているのが加齢による筋力の衰退、元々筋力の弱い女性であること、肥満、またスポーツや肉体労働による膝の酷使といった理由が挙げられています。

対する2次性の膝OAはその原因が明らかであって、例えば交通事故やスポーツ事故などの外傷による膝関節のねん挫、打撲、膝関節周囲の骨折といったものが挙げられます。現代において2次性の膝OAは青年期のスポーツによる外傷が多くなっています。

変形性膝関節症に対しては早期の発見と適切な治療が必要ですが、治療法の一つの運動療法は予防の面からみても非常に有効なものなので、しっかりと対策をすることで十分に発症リスクを下げることが出来ます。心配な方は調べてみてはいかがでしょうか。

変形性膝関節症の治療はこちらから