TOP > その他関連情報2 > アプローチの仕方

アプローチの仕方について


慢性的な膝の痛みを主な症状とする変形性膝関節症に対する治療のアプローチには、大別して3つの視点からが挙げられます。その中でより一般的で、病院にて変形性膝関節症との診断を受けた場合に多く用いられるのが、保存療法と、薬物療法の2つとなります。

保存療法とは極端に表せば、手術を行わない治療法を指します。手術というのはどうしても身体に大きな負担となりますし、リスクもあります。そこで症状がよほどの重症で内場合には、この保存療法によって治療が行われます。

具体的な治療法を挙げると、膝への負担を軽減することの出来る補助的な筋肉を鍛えて、痛みを軽減しようとするリハビリを行う運動療法や、温熱治療や低周波治療といった手法を用いる物理療法。

さらに足底板や膝装具を用いて治療をする装具療法があります。場合によっては日々の膝への負担となる要素を減らして行く、例えば肥満気味ならば減量を行うなどの治療を行います。

身体に余計な負担をかけずにアプローチをする治療です。薬物療法は保存療法で中々思うように痛みが軽減されない場合などに、飲み薬や湿布、塗り薬を用いて痛みの軽減を期待します。

より患部に直接的なアプローチをする手法が3つ目の手術療法です。保存療法や薬物療法を行っても症状が改善されず、またそれらを行っても効果が期待できないような末期の症状には手術を行うことになります。

手術の種類としては、主に人工関節全置換手術が用いられます。傷ついてしまった軟骨を金属やセラミックで出来た人工関節で置き換えるもので、高い治療効果が期待できます。

しかし、手術となると特に高齢の方には身体の大きな負担となりますし、費用などを考えてもそう簡単に行われるものではありません。実質最後の手段とされるアプローチと言えるでしょう。以上のようなアプローチがあります。

変形性膝関節症の治療はこちらから