TOP > その他関連情報3 > 膝に水が溜まる理由

膝に水が溜まる理由


変形性膝関節症の患者さんの中で、膝に水が溜まって困る、という方がよくいますが、この水が溜まった状態を「関節水腫」と言います。膝に水が溜まると痛みや腫れ、そして膝を動かしずらくなるというのが特徴です。

膝関節には関節包という骨を包む膜があり、その膜の内側には滑膜があります。また、この滑膜は関節液で満たされ、関節液は軟骨に栄養分を補給したり、関節の動きをスムーズにするために機能します。

また、この関節の軟骨がすり減ってくると、剥がれた軟骨の破片が滑膜を刺激します。つまりこの滑膜に炎症が起こります。

そして、この炎症を改善するための動きとして、関節液が必要以上に溜まってしまう、というのが関節水腫の原因です。大量に出る関節液は本来の粘り気がなく、充分に機能を果たすことができません。

滑膜の炎症が治まってくれば、溜まってしまった関節液は徐々に吸収されてきますが、そのまま長期間動きが制限されるとやはりやっかいです。

この場合、注射を使用して水を抜くことがありまが、水抜きの頻度はできるだけ抑えることが重要です。溜まってしまったからといって、すぐに抜くのは良くありません。

膝に水が溜まるという行為は一種の体の防御反応です。これ以上、膝の関節裂隙が狭くなると危険と判断すると、体は水を出します。ですので、水を抜くという行為は体の防御反応を邪魔していることになるのです。

ここの加減は医師との相談になると思いますが、あまり抜き過ぎると癖になり、水が溜まりやすい膝になってしまうこともありますので、注意してください。

やはり、水が溜まってくるという状態は治療の効果がない証拠とも言えますので、炎症をしっかりと治癒させ、根本治療を維持していくことが大切です。

炎症が起こっている原因を放置したままでは水はたまる一方の状態です。病院でも水抜きをする際に的確な治療法をアドバイスしますが、生活全般についての改善が必要な場合もあります。

また、仕事が影響しているというやむを得ないケースもあります。変形性膝関節症は一度かかると、とてもやっかいな病気です。生活習慣を改善することが不可欠といっても、高齢者の方には特に重荷です。

できるだけ早期に改善するためには、まず変形性膝関節症についてよく知ることが大切です。膝の骨、軟骨がどうなっているのか、それに対して普段の生活習慣がどう影響するのかを知り、1日も早くその辛い変形性膝関節症を改善させていきましょう。

変形性膝関節症の治療はこちらから