TOP > リハビリ・ストレッチ

リハビリ・ストレッチ


変形性膝関節症になったからといって老化は甘えに過ぎない!


老化現象は基本的にはどのような人でも起こります。故に、「老化だから仕方がないね」と言った逃げ道に走る人が居ますが、それは甘えだと思います。老化現象は確かにあるものですが、抑えることができます。それを抑えることで、変形性膝関節症にならない体にすることができますので、しっかりと対策をしてもらえればと思います。

変形性膝関節症はほとんどの場合、老化により発症することがかなり多く在ります。老化によって筋肉を落とすのが原因です。ですから、結構多くの人は、老化だから仕方がないと考えてしまうのでしょう。しかし老化現象は、しっかりと運動をして対策をすることで抑えることができます。流石に全盛期などの状態を維持するのは難しいですが、出来なくもありません。故に、しっかりと運動をすることをオススメします。

しっかりと運動をして膝周りに筋力をつけることができれば、変形性膝関節症になり難い体を維持することができます。老化現象を抑えることで、体が動きにくいと言ったことも無くなるのでよく考えて対策をしてください。老化現象により色々な病気になりやすくなります。例えば、腰の椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などもあります。また、頚椎ヘルニアなどの病状を完治するにも、上記のように体を動かすことで抑えることが出来るようになります。

しかし、それだけでは抑えられない場合があります。そして、その原因に生活や食事があります。日常生活の過ごし方によっては変形性膝関節症になる場合があります。無駄に膝への負担が出てくると病気になりやすくなりますので、注意してください。ですが、筋肉が維持されていれば、これは問題ないかもしれません。

しかし、食事は少々違います。食事は体を動かすエネルギーです。これが不足しているとあまり良くありません。それに、老化によって摂取出来るエネルギーが少なくなっている場合が在りますので、よく考えて食事をして十分な栄養を獲得してください。このように老化だからと言って、何もしないとダメです。しっかりと対策をして変形性膝関節症などの病気に打ち勝ってください。