TOP > リハビリ・ストレッチ > ホームエクササイズ

ホームエクササイズ


膝のクッションである軟骨がすり減ってしまうことで、痛みを生じるようになる変形性膝関節症ですが、この病気はいったんかかってしまうと慢性的に症状が進行していき、長期間の間で悪化をしていくものです。

このことから早期の発見と治療の開始が重要です。その中で効果的なのが運動療法と呼ばれる治療法です。変形性膝関節症の症状が現れると、膝に痛みを感じるのでどうしても動かすことを避けてしまうかもしれません。

しかし、関節というのは動かさなければ正常な関節裂隙を保つことが出来ません。どんどんと退行性変化を起こし変性してしまいます。関節にはある程度の荷重がかからなければ軟骨成分は弱くなり、その回復能力も上がってこないので、更に状態を悪くしてしまうのです。

運動療法の良い所は自宅に居ながら治療が出来る、いわゆるホームエクササイズであるという点です。膝の痛みを軽くして症状を改善する効果が期待出来る方法があるのです。

日常生活の中で頻繁に病院へと通うのもかなりの負担となります。そこで自宅で簡単に行えるホームエクササイズが注目されているのです。自己管理次第ですが、効果的に変形性膝関節症の痛みの症状を軽減できることが出来るようになります。

また、誤った運動や、過度な運動による症状の悪化を除くと副作用は無く、誰でも出来るので前述のように病院に通う費用と時間も節約することが出来ます。

変形性膝関節症に対しては、よほど症状が進んだ、いわゆる末期症状でなければこの運動療法による、ホームエクササイズが非常に有効になります。

2週間も続けると効果を実感する方もいます。さらに、自宅で患部を温める理学療法である温熱治療と組み合わせることでより治療効果を高めることも出来ます。

ご自分の管理で治療計画が立てられ、努力次第で成果を実感することが出来ますので、上手に自己管理をして良い治療を実践していきましょう。

変形性膝関節症の治療はこちらから