筋トレ方法


ひざに痛みを伴う疾患である変形性膝関節症ですが、どのようなメカニズムで痛みが発生しているのでしょうか。まず、ひざは大腿骨と呼ばれる太ももの骨、脛骨と呼ばれる脛の骨、膝蓋骨と呼ばれる骨の3つの骨と、それらに加えてその周りを支える靱帯や腱、筋肉によって構成されています。

しかし、骨と骨同士が直に接している状態ですと、骨同士がぶつかり合ってしまうため、スムーズに動かなくなってしまい、機能を果たせなくなります。それを防ぐために、骨の表面は滑らかで弾力性を持った、軟骨と呼ばれる物質に覆われています。

また、大腿骨と脛骨の隙間には、それに加えて半月板という軟骨組織も存在し、それらは歩いたり走ったりするときに発生する衝撃を吸収するための、いわゆるクッションの役割を果たしているのです。

これらは、いずれも老化するとともに徐々にすり減って失われていきます。それによって、痛みや腫れなどの症状が発生するのが、変形性膝関節症なのです。では、この変形性膝関節症に対しての治療法としては、どのようなものがあるのでしょうか。

変形性膝関節症の治療方法は、主に手術と保存療法に大別されます。手術は保存療法での症状の改善が期待できない場合や、眼に見えて症状が進行している場合など、特に重篤である場合に選択されるため、割合的には保存療法が行われることが多いです。

保存療法では、筋トレに代表される運動療法が取り入れられています。また、変形性膝関節症は高齢者に多いイメージをお持ちかと思います。

これは老化したから発症するのではなく、老化に伴う筋力の低下が原因の一つとなっているからなのです。そのため、筋力を増強することが変形性膝関節症の症状の改善に繋がっていくのです。

しかし、筋トレに限らず運動療法は関節に負担を掛けることになるため、無理は禁物です。専門の医師、理学療法士にアドバイスを受け、正しいやり方で筋トレを実践しないと症状を悪化させてしまうことにもなりかねませんので、注意が必要です。

変形性膝関節症の治療はこちらから