TOP > 病院・手術 > 術後について

術後について



高齢者に多く、膝に負荷のかかる動作を行うと、痛みが生じる病気に変形性膝関節症があります。この変形性膝関節症の治療においては、多くは運動療法や理学療法といった保存療法で症状が改善されますが、中には保存療法では改善効果が見られない場合や痛みにより日常の生活が困難となっている場合もあります。

そのような際には手術療法が行われます。タイミングとしてはやはり医師の判断を仰ぐのが一番良いでしょう。変形性膝関節症に対する具体的な手術法としては主に2つが挙げられ、一つが高位脛骨骨切り術と言い、変形した骨を切除し真っ直ぐに繋げ治すものです。

もう一つが人口膝関節全置換術と言い、傷んだ骨を切除して金属やプラスチック、またセラミックなどで出来た人口の関節に取り替えるものです。これらの手術を行うと完全な治癒とは言えませんが、高い改善効果が期待できます。

しかし、症状が良くなったからといって、そこで完了するわけではないことに注意して下さい。当然、術後には一定期間の入院や通院が必要になってきます。具体的には患部の固定やリハビリが必要となります。

さらに、術後の治療も行い、手術自体の工程としては終了をしても、その後も継続的な治療が重要となってきます。筋力の強化などの保存的療法を行っていきます。

特に膝を動かすには太腿四頭筋の筋肉が大切なので、太腿四頭筋の筋肉を鍛えるトレーニングなどが提案されることが多いでしょう。

また、人工関節の場合には人間の体と一体化することはありません。長期間使用することでゆるみが生じてくることもありますので、定期的な診断やメンテナンスが不可欠となってきます。このように変形性膝関節症の手術を行うときは、メリットとデメリットを十分に理解することが重要になってくるかと思います。

変形性膝関節症の治療はこちらから