TOP > 病院・手術 > 検査について

検査について


変形性膝関節症は、加齢に伴う筋力の低下や、肥満など、ひざへの負荷が増加することがきっかけとなって、ひざの可動機能が徐々に低下していく症状を指します。

それによって、軟骨と半月板同士のかみ合わせが緩くなったり、さらに変形や断裂を起こすこともあります。その中の多くの場合で、炎症による関節液の過剰滞留が認められる、痛みを伴う疾患です。

この、変形性膝関節症には症状の進行の度合いに応じた、適切な治療を行うことが必要とされています。そのため、変形性膝関節症を診断するための検査方法が重要になってくると言えます。

変形性膝関節症の診断に用いられる検査には、どのようなものがあるのでしょうか。代表的なものとしては、「問診、視診、触診、X線、関節液検査、血液検査」などがあり、これらを用いて行います。

また、MRIを用いることでさらに詳しい検査が可能になっています。まず、問診、視診、触診については、他の疾病の診察時と同様に重要です。また、X線などは、変形性膝関節症の診断においては、特に重要な要素となります。

関節液検査は、注射器で患部に溜まった液を抜き取り調べていきます。変形性膝関節症では液が黄色味を帯びているので、それで判断します。また、化膿を起こしていれば、膿のようになります。

指間法では粘りを調べます。指と指の間に採取した液を1滴垂らしてその粘り具合を確認する方法です。採取した液が糸を引くほどの粘りを持っていると、変形性膝関節症である可能性が高まります。

また、抜き取った液を光にかざすことで、液内に浮遊する無数の脂肪滴が存在したなら、骨折であるということになります。X線は変形性膝関節症の診断にとって欠かせない方法です。

X線を用いて骨の形状を細かに観察することで、膝の骨の状態を正確に把握します。また、X線だけでは、骨以外の組織の状態を画像として観察出来ないため、さらに詳しく調べるためにはMRIが用いられることもあります。

変形性膝関節症の治療はこちらから