TOP > 病院・手術 > 手術について

手術について



高齢者におけるひざ痛の原因として、最も多い割合を占めているのが変形性膝関節症です。老化やひざへの過剰な負担が原因となって発症することが多くなっています。

この変形性膝関節症は、一般的に外科的な方法に頼らず、理学療法や薬物療法などのいわゆる保存的な治療と呼ばれる方法を用いて行われる治療が多くなっています。

しかし、そのような保存治療を施してもなかなか治療効果が現れない、またかなりの重度な症状となってしまった場合には、外科的手術を伴った治療法が選択されることがあります。

手術を行うことで痛みを取り去ることができ、ひざを自由に動かすことも可能になります。このことにより、痛みの症状に悩み出不精になってしまっていた方でも、活動範囲が広がること、痛みを感じることが無くなることなどでストレスも解消しやすくなります。

実際に変形性膝関節症に対して行われる術式は大きく2種類挙げることが出来ます。まず高位脛骨骨切り術というものがありますが、この方法はO脚に変形してしまった脚の脛骨を切り取り真っ直ぐに繋げ治すもので、正常な膝や脚の形に戻すというものです。

この方法を行うと、ほぼ変形性膝関節症は完治すると言われていますが、その反面長期の入院が必要となり回復には半年物期間を費やすこともあるので要注意です。

また、人工膝関節全置換術という術式も行われることがあり、関節が大きく変形してしまい痛みが取れなく、生活が困難な患者などで用いられます。

具体的な内容は、傷んでしまった関節軟骨や、軟骨下骨の一部を切除し、金属やセラミック、またプラスチックといった材料で出来た人工の関節に取り替えるものです。

この術式の長所は、ひざの形を整えることが出来痛みも取り去ることが出来ます。さらに前述の高位脛骨骨切り術程長い入院・治療期間を必要としないことです。

しかし、人工関節は人体にとって異物なために骨と一体化することは無く、体に合わなくなってしまった場合には再手術が必要となるデメリットがありますので要注意です。

変形性膝関節症の治療はこちらから