TOP > 病院・手術 > 画像について

画像について


一般的に老化現象とされていて、中高年に多い病気が変形性膝関節症です。この病気を抱えている中高年は非常に多く、膝の痛みを感じる最も多い原因となっているのが、この変形性膝関節症です。

恐らく膝の痛みを感じると整形外科へとかかる方が多いと思います。整形外科ではまず直接医師の診察を受ける前に問診票などで状況をチェックし、その後、医師による視診、触診が行われます。

そして、整形外科ではX線レントゲン写真を撮影して検査をすることが多いと思いますが、このX線レントゲン写真が、変形性膝関節症において重要な検査の一つとなります。

前述のようにX線レントゲン写真は変形性膝関節症の診断にとって欠かせないもので、画像により骨の状態を詳細に確認することで膝における骨、関節の状態を見ることで、X線レントゲン写真には写らない軟骨の組織や筋肉、また腱といった部位の状態を推測し、症状のレベルを見極めます。

ここで変形が見られた時点でようやく変形性膝関節症という病名が確定するのです。画像診断を行わずに変形性膝関節症を診断することは通常ありません。

先ほど述べましたように実はX線レントゲン写真では、実際に変形をしている膝関節における軟骨の状態は確認できません。

ですので状態の推測という表現を使ったのですが、場合によってはMRIやCTといった高度な医療機器を用いて診断を行うことがあります。

このようなMRIやCTによる画像では、軟骨や骨の詳細な様子、症状の進み具合など非常に細かい部分まで確認することが出来ます。

関節軟骨がどのくらいの厚さで、どの部分が磨耗しているのか、また骨内部の状態までも確認することが出来ますので、詳しい診断の際にはこれらが用いられることが多くなっています。

画像診断を行うことが出来るのは整形外科の特徴の一つでもあります。もしも膝の痛みを抱えていて病院での診察を考えている方は、一度画像診断を受けてみることをお勧めします。

変形性膝関節症の治療はこちらから