TOP > 病院・手術 > 名医をご紹介

名医をご紹介



中高年に多く発症する変形性膝関節症は、重度の症状まで進むと安静にしていてもひざが痛むことや、ひざを曲げる・伸ばすという動作が十分に出来なくなります。やはり早期にその症状を察知し、適切な治療が大切です。

しかし、病気の治療を受けるに当たっては出来るなら腕の良い、いわゆる名医と呼ばれるような医師に診てもらいたいと思うことは当然のことです。では実際に日本において変形性膝関節症の名医と呼ばれる医師にはどのような方がいらっしゃるのでしょうか。

変形性膝関節症の名医として良く名前が挙がるのが静岡県の浜松市にあります聖隷三方原病院に勤めている小堀眞医師でしょう。小堀医師はTBSテレビ系列の「世界のスーパードクター8」という番組でも紹介され、人工関節のスペシャリストとして知られています。

年間200件以上もの人工膝関節手術を行っているとされ、小堀医師は手術をするに当たっては患者一人一人のために手術に必要な骨セメントや金属、ポリエチレン樹脂などの器具や道具をオーダーメイドで準備し、個人に対し非常に細かな所まで合わせて手術を行うという高い質の治療が高評価の理由です。

また、同じく変形性膝関節症の治療で全国的に有名な医師が、千葉県の船橋市習志野台にあります北習志野花輪病院の整形外科に勤めている根本昌幸医師です。

こちらも小堀医師と同様に人工膝関節手術を専門に行っているスペシャリストです。有名人も多く利用をしているという著名な整形外科の院長で、根本医師により人工膝関節の手術を受けた方からとても高い評価を受けています。

また、根本医師はアメリカの有名な外科医との親交が深いことから、アメリカ医療の知識も備え、常に最新の情報により、最新の治療技術を取り入れていることも高い評価を受ける理由の一つになっています。

ここで紹介した医師以外にも全国で名医と呼ばれる方が複数存在しています。当サイトで推薦するのは中川卓爾先生です。中川先生は変形性膝関節症で悩む患者さんを延べ50万人以上治療してきたプロフェッショナルです。

今まで色々な病院や治療院に通ったけど治らなかったという方は、中川先生の治療法を一度試してみることをお薦め致します。

変形性膝関節症の治療はこちらから